PMSでニキビができる悩み

PMS(月経前症候群)のニキビの予防と解消

MENU

PMSでニキビができる悩み

PMSとは月経前症候群といい、生理開始前の3日から10日くらい精神的または身体的に不調の状態が続く症状です。
身体的な症状としてはむくみや腰痛や腹痛、精神的な症状としては倦怠感やめまいや睡眠障害などがあり、人によって症状が酷く寝込んでしまうことや鬱になってしまうこともあります。
原因としては特定されてはいないものの、生理周期によって心身ともに影響が出ていることから、ホルモンバランスの乱れが含まれています。
そのことから身体的な状態は感じられないものの、普段よりも皮膚が敏感になり吹き出ものやニキビもできてしまうことがあります。
生理が開始する前から徐々に肌が敏感になってゆき、始まる3日前から前日までがピークになってきますが、生理がきますと徐々に症状が和らぐことから、PMSが酷いほど予め自分の生理周期を知っておくことによって予防することもできます。
吹き出ものやニキビができやすいなと感じましたら、刺激の強い食べ物やストレスや睡眠不足など食生活や生活習慣の見直し、肌に刺激を与えてしまうことや可能であればメイクも最小限のものに抑えておきましょう。
もちろん肌を清潔な状態にすることも心掛けますが、負担を軽減するよってPMSでも症状を軽くすることができます。