PMSのニキビを防ぐ

PMS(月経前症候群)のニキビの予防と解消

MENU

PMSのニキビを防ぐ

PMSとは生理がくる1週間くらい前から頭痛や腰痛や倦怠感など心身的に不調になり、心身的だけではなく吹き出ものやニキビができやすく肌の免疫力が弱くなりますので、症状に合わせて普段よりも肌の状態を気にしておいてほしいです。
PMSを知るには普段から基礎体温や生理周期を確認することによって予め分かってきますが、普段からケアすることによってニキビや吹き出ものを予防することもできます。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あり、生理から排卵時期にはエストロゲンの分泌量、排卵後から生理がくるまでの間はプロゲステロンの分泌量が増えてきます。
現時点ではまだ特定されていませんが、PMSの原因としてプロゲステロンの分泌量が含まれていることから、過剰分泌しないようにコントロールしないとならないのです。
その為、日ごろから食生活や生活習慣の見直しも心掛けることによって症状を抑えることもできますが、PMSが酷い人は専門の医師に相談をして低用量ピルや漢方を処方してもらうことによって改善することもできます。
また大豆イソフラボンが含まれているものを摂取すれば、エストロゲンの分泌量を上げて緩和することもできますので、民間療法ですが美肌効果の両方の効果が期待することができますよ。