PMS(月経前症候群)のニキビの予防と解消

PMS(月経前症候群)のニキビの予防と解消

MENU

PMSでニキビができる

PMSとは月経前症候群といい、生理開始前の3日から10日くらい精神的または身体的に不調の状態が続く症状です。 身体的な症状としてはむくみや腰痛や腹痛、精神的な症状としては倦怠感やめまいや睡眠障害などがあり、人によって症状が酷く寝込んでしまうことや鬱になってしまうこともあります。

原因としては特定されてはいないものの、生理周期によって心身ともに影響が出ていることから、ホルモンバランスの乱れが含まれています。 そのことから身体的な状態は感じられないものの、普段よりも皮膚が敏感になり吹き出ものやニキビもできてしまうことがあります。

生理が開始する前から徐々に肌が敏感になってゆき、始まる3日前から前日までがピークになってきますが、生理がきますと徐々に症状が和らぐことから、PMSが酷いほど予め自分の生理周期を知っておくことによって予防することもできます。 吹き出ものやニキビができやすいなと感じましたら、刺激の強い食べ物やストレスや睡眠不足など食生活や生活習慣の見直し、肌に刺激を与えてしまうことや可能であればメイクも最小限のものに抑えておきましょう。 もちろん肌を清潔な状態にすることも心掛けますが、負担を軽減するよってPMSでも症状を軽くすることができます。

よく聞くこととして大人になってからのニキビは思春期のニキビと違うというものがあります。 大人になってからのニキビは思春期のニキビと区別するために大人ニキビと呼ばれることもあります。 大人ニキビの原因の1つとしてPMSによるホルモンバランスの乱れがあり、これは思春期のニキビにはない原因です。 そのため大人ニキビを治すには、大人ニキビにおすすめの化粧品を使うのが良いのです。

PMSによるニキビを防ぐには

PMSとは生理がくる1週間くらい前から頭痛や腰痛や倦怠感など心身的に不調になり、心身的だけではなく吹き出ものやニキビができやすく肌の免疫力が弱くなりますので、症状に合わせて普段よりも肌の状態を気にしておいてほしいです。 PMSを知るには普段から基礎体温や生理周期を確認することによって予め分かってきますが、普段からケアすることによってニキビや吹き出ものを予防することもできます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あり、生理から排卵時期にはエストロゲンの分泌量、排卵後から生理がくるまでの間はプロゲステロンの分泌量が増えてきます。 現時点ではまだ特定されていませんが、PMSの原因としてプロゲステロンの分泌量が含まれていることから、過剰分泌しないようにコントロールしないとならないのです。 その為、日ごろから食生活や生活習慣の見直しも心掛けることによって症状を抑えることもできますが、PMSが酷い人は専門の医師に相談をして低用量ピルや漢方を処方してもらうことによって改善することもできます。

また大豆イソフラボンが含まれているものを摂取すれば、エストロゲンの分泌量を上げて緩和することもできますので、民間療法ですが美肌効果の両方の効果が期待することができますよ。

PMSのニキビを解消する化粧品の選び方

PMSは人によって肌が敏感になりやすく、普段通りのスキンケアやメイクをしても刺激を感じることもあります。 普段よりも刺激に弱いことから体質によってはニキビや吹き出ものができやすく、症状が酷い人ほど食生活や生活習慣に気を使い、適度にストレスを軽減することによって抑えることもできます。

ニキビや吹き出ものができやすい人は、通常よりも刺激に弱いこともあり低刺激の化粧品を選びたいですが、ホルモンバランスの乱れも影響していることから、お肌にもホルモンバランスを整える働きがある成分を浸透させたいですよね。 ホルモンバランスの乱れを抑え、お肌にも良い影響を与えることができる栄養分といえば、大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、PMSの時に分泌量が高まるプロゲステロンの働きを緩和できる力を持ち、ニキビや吹き出ものが出るのを防ぐことによって、肌の保湿力を高めることもできます。 一緒にビタミンCが配合されていますと、PMSによくありがちなイライラした感情によるビタミンCの減少を抑えながらも、刺激が弱くなりがちな時期にバリア機能の低下を抑えることができます。

また保湿効果があるものを浸透させれば、乾燥が原因のニキビの予防にもなりますので大豆イソフラボンのパワーに頼ってみましょう。

更新履歴